クレジットカードの利用限度額

クレジットカードを利用するにあたって、押さえておくべきポイントというものが多くあります。その1つとして挙げられるのが「利用限度額」になります。

意外と軽視されがちな、クレジットカードの利用限度額ですが、掘り下げて説明をしていくと、実は意外と奥深い世界ということが理解できるでしょう。

gendogaku.jpg

■そもそも「利用限度額」って何?
利用限度額とは、クレジットカードを利用できる最大の額が定められており、これを超えるような支払いはできないという、一種のリミッターといったところでしょうか。

これが基本中の基本となりますが、リボ払いとしている金額(残債)は、この利用限度額に「含まれるのか?含まれないのか?」どちらか知っていますでしょうか?

また、キャッシングサービスの利用額は「含まれるのか?含まれないのか?」どちらでしょうか?いきなりこう言われると意外と答えられない方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、前者は含まれて、後者は含まれません。要は、リボ払いはショッピングの一部であり、キャッシングは融資の一部であって、根本的に法律が異なるサービスになります。

■クレジットカードのランクによって異なる
クレジットカード会社によって、この利用限度額は変化します。さらに、一般カード、ゴールドカード、プラチナカードのようなランクによっても上限というのは変わってきます。

一般的に、年会費無料のクレジットカードは最大で50万円程度で、その後、ランクアップするごとに大きくなっていく仕組みです。したがって、大きな額を利用したいのであれば・・・

ランクアップを目論むほかありません。ゴールドカードについては、意外にすんなりと審査を通過することができ所持することが可能ですが、それ以上は一気にハードルが高くなります。

■一時的にアップすることも可能
ちなみに、利用限度額を一時的に上げたい方もいると思います。普段は20万円枠でいいけど、来月だけ50万円に増やしたい、というような状況です。

実はこれ、クレジットカード会社に依頼をすれば対応してくれる場合があります。ただし、注意したい点は、そのカードの最大利用限度額を超えることは不可能だということです。

例えば、その額が100万円だったとしましょう。これを「一時的に」といって「150万円にして」と相談しても無理な話なので、ゴールドカードクラスにランクアップするしかありません。

このようにクレジットカードは利用限度額1つをとっても、これだけ考えることができます。もっと深く理解していけば、さらに上手にクレジットカードを利用できるようになると思います。

支払い方法の説明は、これからクレジットカードを利用してみようと思っている方をターゲットとしているため、既に利用している方にとっては、物足りない内容かもしれません。

しかし、老婆心ながら言わせてもらえば、意外と知らないことや忘れていたりすることもあったりしますからね。改めて確認してみるのも良いのではないでしょうか!?

shiharai.jpg

■大きく2つに分けることができる支払い方法
クレジットカードの支払い方法は、金利手数料が「必要か?」「不要か?」の2つで分けることができます。当然、お得に利用には、金利手数料が不要な支払い方法になります。

最たる例は「一括払い」で、支払うべき金額を、次回請求時1回で完了させる方法です。他にも「2回払い」や「ボーナス一括払い」が、金利手数料が不要です。

意外と「2回払いも不要?」と驚かれる方も多くいると思います。一般的に2回払いをする方が少ない・出来るお店が少ないこともあり、知らなくても何ら不思議ではありません。

対して、手数料が必要となる支払い方法は「リボ払い」「分割払い(3回?)」「ボーナス2回払い」など。細かくは、クレジットカード会社の扱いによって異なってきます。

◇支払い方法はしっかり理解しておく
当たり前のことですが、支払い方法はクレジットカードを利用するのであれば、最低限の知識として理解しておくようにしましょう。特に金利手数料が必要となるとき・・・

金利が何%になるのか?です。意外と高い場合もあり、支払いが苦しくなってしまう可能性も。だからこそ、しっかりと理解して利用する必要があるわけです。

■金利が必要な場合はポイントが優遇される場合も
もう1つ頭に入れておきたいことが、ポイントプログラムの優遇です。クレジットカード会社としては、基本的に金利手数料が発生するような支払いをしてくれることがベストです。

したがって、この思惑を促進するためにも、ポイントを2倍にするなどの対応をとっている場合が非常に多いです。最近では、リボ払い専用のカードを用意して、常にポイントは2倍。

、というサービスを散見することができます。もしリボ払いを多用するのであれば、この手のクレジットカードを所持しておいた方がよいことは言うまでもありません。

ちなみにですが、これらのクレジットカードは、その他にも年会費無料など優遇されていることが多いため、さらにお得に利用することが可能となっています。

お得にマイルを貯めるなら

クレジットカードの魅力は?、と聞かれたら皆さんはどう答えるでしょうか?...

一般にクレジットカードというのは、買い物の際の支払いで使う人がほとんどですが、それを基本にして「ポイントが貯められる」というのが魅力のひとつといえます。

otokunimile.gif

最近では、クレジットカードを使ってマイルを貯めることもできるようになっています。マイルとは、飛行機に乗った際に距離に応じてもらえるポイントのこと。

そのマイルの数に応じて、飛行機のチケットに換えることもできるというものです。ただ、このマイルですが、飛行機に乗らなくても買物で貯めることもできるのです。

そのため、カード会社によって貯めたポイントがそのまま移行できる方法と、マイルに移行の際に、何ポイントで何マイルとしている会社があります。

とにかくこのマイルについては、クレジットカードでの精算ポイントがものをいう仕組みになっているので、使えば使っただけ貯まるわけです。

例えば、公共料金や携帯電話代など、毎月ある程度の金額が決まっているものはクレジットカード払いにすることで、必ずポイントが貯まるので上手に活用したいところ。

なお、クレジットカードマイルを貯めるなら、クレジットカードの種類は、航空会社と提携しているタイプのカードのほうが移行する際には楽なのでお勧めです。

クレジットカードの審査基準

クレジットカード発行するには、申込書を記入して、必ず審査を受ける必要があります。この審査にパスしたら、カードをもつことができるわけです。

そこで、気になるのが、クレジットカード会社はその審査で何を見ようとしているのか?、何を評価しているのか?、というところです。

一般的にクレジットカード会社は、収入、返済能力、住居形態の3つを重視するといわれていますが、クレジットカード審査ではそれらの確認を、カード会社の審査基準に沿って行います。

shinsakijyun.png

クレジットカードの審査基準は、「属性」と呼ばれる各種項目のスコアリングと信用情報のことをさし、項目一つ一つに点数を付けて判断するわけです。

属性とは、職業や年収、年齢といったもののことで、当然重視されるのが職業・年収になります。さらに、家族や住居形態といったことまで考慮されます。

連絡がとりやすく、明確な住まいがあってきちんと生活している、という人ほど属性は良いとみなされます。そして、もう1つ、重視されるのが信用情報です。

これは、信用情報機関というところに問い合わせをして行われ、過去の借金滞納などがある場合には、俗にいうブラックリストに載ってしまいます。

この信用情報に載ってしまうと、5年くらいは事故情報が残ってしまいますので、まずクレジットカード審査に通ることは難しいと思います。

なお、審査基準というのは、カード会社によって異なっていて、銀行系や信販系のクレジットカードは基準がやや厳しめというのが相場になっています。

そのため、始めは流通系や消費者金融系のカードなどで信用状況をよくしていき、それから上位のカードを作るという流れの人も多いようです。

また、若い人は、ヤング向けのクレジットカードや学生カードなどで「クレヒス」を作っておくと早い段階で、上位カードを持ちやすくなります。